各道場、練習生を募集中です。 |English|お問い合わせ
TOP  お問い合わせ先は 日本空手道信川派糸東流会本部事務局まで ℡ 079-492-7955  
お知らせ
沿   革
組織体制
所属道場
指  導  者
行事予定
試合結果
審査結果
特集記事
空手Link
English
お問い合わせ
信川会長の歴史と日本空手道信川派糸東流会の沿革


 日本空手道信川派糸東流会々長宗家の信川邦明は、1960年より(13歳)近所の空手道を習っていた青年により空手道の基本を教わる

 1963年より(16歳)糸東流開祖・摩文仁賢和に師事した谷 長治郎【谷派糸東流修交会会長宗家】門下の谷派糸東流正空会に正式に入門し、1974年に(27歳)谷派糸東流正空会稲美支部を主宰する。

 諸般の事情により1988年(41歳)に同会を退会し同時に谷派糸東流修交会直轄支部に認定され正空会稲美支部道場の名称を改称し、『志をもって技を錬り鍛える』という意味で谷派糸東流修交会「錬志館」と命名した

 その後、錬志館の支部道場や道場生も増え、国民体育大会や全日本選手権大会の県代表選手や世界大会に出場する選手を多数輩出した。

 また1993年より5年間、世界的にも高名な日本空手道林派糸東流会・宗家、林 輝男先生にも師事した。

 1998年(平成10年1月)に恩師・谷 長治郎宗家が逝去され、修交会は谷派空手道修交会【谷 長治郎 二代目宗家〈本名:長男 寛〉】と糸東流修交会連合【山田治義会長】とに大きく分断された。

 我々錬志館は旧修交会総会で決議された糸東流修交会連合に所属することになり新生修交会連合の中核を担うこととなった。発足時より信川は副理事長を務めた。

 2000年(平成12年11月)に高い技術を評価され、糸東流修交会連合より八段範士を免許された。

 2001年(平成13年)より流派を日本空手道信川派糸東流修交会と名乗る予定であったが、同年6月に糸東流修交会連合を退会し日本空手道信川派糸東流会として再発足した。

現在日本国内はもとより外国にも支部ができ、空手道の普及発展のため奮闘している。


入会希望者(個人・団体)は、お問い合わせにて連絡を下さい。
信川会長の略歴


資 格
・日本空手道信川派糸東流会 会長・宗家 八段範士
・財団法人全日本空手道連盟公認八段教士
・財団法人全日本空手道連盟二級資格審査員
・財団法人全日本空手道連盟公認全国組手・形審判員
・財団法人全日本空手道連盟文部科学省公認
上級コーチ・マスター指導員
・公認国際審判員(AKF)


要 職
・兵庫県空手道連盟参与
・明石市空手道協会会長
・明石市体育協会理事
・国立明石工業高専空手道部師範
・私立神戸第一高校空手道部師範
Copyright (C) 2006-2012 KUROMAKUMA All Rights Reserved.